HOME > 投稿詳細

みんなのソーシャルオピニオン

再利用出来るゴミの分別を心がけています

以前はお菓子などを購入した時についてくる紙箱を、燃えるごみとして捨てていました。しかし、古紙を一定以上持っていくと割引券と交換できる店舗の存在を知ったのがきっかけで、積極的に分別するようになりました。お店で商品を買う時は、再利用出来る素材が多く使われているものを優先して選んでいます。再利用できる素材の商品を選んで買っていると、家庭から出る廃棄物の量が少なくなるので、ゴミ袋を購入する回数が減っていきます。エコを心がけることは自分にとってもプラスになることを知りました。世界のためのエコと聞くと大げさに感じてやる気をなくしてしまう人でも、自分のためにもなるエコならやってみたいと思えるのではないでしょうか。

応援企業

唐澤誠章は、事業を通じて『みんなのソーシャルアクション』の投稿を募集しています。

投稿フォーム こちらのフォームより皆さんのアクションを投稿することができます。
会社名 唐澤誠章
WEBサイト ウィルプラウドの唐澤誠章社長
サイト紹介 次の目標は、「こども食堂」を立ち上げることです。共働きが増えている昨今、一人で食事したり、栄養バランスの悪い食事をしていたりする子供たちに、楽しい場所を作り、悩みや問題を解決できるような場所を作りたいと思っております。 社会貢献は数年~数十年を継続して続けていかなければ解決できないことが多く、寄付金や、個人レベルでの活動では限界があります。 「一日1個、ゴミを拾う。」「電気のスイッチをマメに消す。」「不要になったものを寄付する」などなど、個人でもできることはたくさんあります。一人でも多く住みやすい社会を創ることに協力してくれるようになることが楽しみです。

みんなのソーシャルアクション

応援サポーター一覧

このソーシャルアクションは、上記の応援サポーターの、WEBサイト、店頭、メールマガジン、社内報などにより募集を行っています。