聴導犬の講演

講演で伝える「聴導犬とともに社会に参加するということ」

聴導犬を貸与、実は聴覚障がい者として社会デビュー

「聴導犬を見たことがありますか?」

聴導犬は現在日本全国で、54頭にしか過ぎない。聴導犬はまだ知られていない状況です。

しかし、現在のところ毎年聴導犬頭数が増え続けている状況です。

パートナーと聴導犬のマナーの知識、福祉向上とは?などの知識のための情報交換場の必要性が出てきております。

きこえない人がすべて聴導犬が必要ではありません。補聴器を使う、使わないと同じです。

私が聴導犬を貸与したのは、犬との生活が当たり前だったからです。

小さいときから犬の動きを見て、建物、外のどこから音がするのか感じ取っていました。

2004年3月。私はオーストラリアのアデレートで初めて聴導犬に出会いました。そのときの衝撃。

なぜなら、オーストラリアでの聴導犬貸与は当たり前のようになっていたからでした。広大な牧場で働いても聴導犬は飼い主のところまで、走って音や声を知らせるので安心して仕事ができると。目からうろこが落ちるような気持ちでした。

これをきっかけに私は聴導犬貸与を考えるようになりました。

「聴導犬を貸与するということはどういうことか?」をユーザーの視点で説明します。

講演で聴導犬に会いませんか?

聴導犬に理解のある方、聴導犬有無に関係なく、興味のある方、お待ちしております。
これまでの講演の記録はこちら

聴導犬の講演のお申し込み

講演をご依頼下さるかたは、お手数ですが「講演会申込書」にご記入の上、メール、FAXまたは郵送でお送りください。

〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島3-20-8 新和ビル902号

【 講演会申込書 】 (Wordファイル34KB)  【 講演会申込書 】 (PDF)

ABOUT

屋号
特定非営利活動法人MAMIE(マミー)
設立
2004年8月1日
所在地
大阪府大阪市淀川区西中島3-20-8 新和ビル9F
事業内容
教室経営 HP制作 イラスト制作 マンガ制作、イベント、講演