HOME > MAMIEとは

MAMIEとは 

MAMIEは古いフランス語で「愛しい人」「大切な人」という意味です。
いつまでも大切な人のためにある場所。
それを作ってあげることがMAMIEの役目です。

“MAMIE”の名前の由来

なぜMAMIE(マミー)という名前でしょう?これには訳があります。言葉の話せなかった5歳の安藤美紀(MAMIEの代表者)にマルチーズの赤ちゃんが家に来ました。当時安藤美紀は“まみむめも”が一番上手く言えたので「マミー」と名づけられました。

そのマミーは安藤美紀の耳のように誰かが来たときや、お風呂があふれていることまで教えてくれました。小学校に上がり、まだ言葉が上手く話せない彼女にとってマミーの存在は大きかったのです。

そう、安藤美紀にとってはまさにマミーが聴導犬のような役を果たしていたのです。

MAMIEの夢

日本の企業で障がい者の雇用はまだまだ差別が残り、課題が多く残っています。特定非営利活動法人MAMIEで最終的に目指すのは、障がい者が自ら責任を持って自立できるような環境を作ることです。
北欧のように働きやすい環境、つまり障がい者でも同じ一人の人間として仕事が出来る特定非営利活動法人『MAMIE』を設立しました。

特定非営利活動法人MAMIEは新たな希望を持って気のおけない仲間とともに仕事をする、そんな魅力あふれるNPO法人を目指します。